大雑把

【意味】 大雑把とは、細部までこだわらずに大まかなさま。粗雑なさま。大ざっぱ。

【大雑把の語源・由来】

「雑把」は、雑にまとめられたものを表す語で、「大雑把」以外では、薪にするために切り割ったした木切れの「薪雑把(まきざっぽう・まきざっぱ)」に使われる。
方言では、燃料にする屑板の束や、粗い茶の葉を「ざっぱ」という地域もある。
雑にまとめられたものを表す「雑把」に、大きいの語根「大」が付いた「大雑把」は、細かいところにこだわらずに大まかである行動や考えを表すようになった。

【関連語】

曖昧(あいまい) アバウト あやふや
荒々しい(あらあらしい) 荒い・粗い(あらい) 粗方(あらかた)
あらまし いい加減(いいかげん) 有耶無耶(うやむや)
鷹揚(おうよう) 大きい(おおきい) 大まか(おおまか)
概ね(おおむね) お座成り(おざなり) おっちょこちょい
おっとり 朧(おぼろ) 凡そ(およそ)
疎か(おろそか) がさつ 仮初(かりそめ)
画竜点睛を欠く ぐうたら けじめ
けりをつける 拘り(こだわり) 細かい(こまかい)
尻抜け(しりぬけ) 杜撰(ずさん) ズベ公(ずべこう)
ずぼら 粗忽(そこつ) 粗相(そそう)
粗暴(そぼう) 粗末(そまつ) ぞんざい
大体(だいたい) 大抵(たいてい) だだくさ
だらしない ちゃらんぽらん 手落ち(ておち)
適当(てきとう) 手抜かり(てぬかり) とことん
捕らぬ狸の皮算用 丼勘定(どんぶりかんじょう) 等閑(なおざり)
投げ遣り(なげやり) 暢気・呑気(のんき) 漠然(ばくぜん)
無骨・武骨(ぶこつ) ふしだら ぼんやり
マクロ 無造作(むぞうさ) 無茶苦茶(むちゃくちゃ)
無頓着(むとんちゃく) メリハリ 綿密(めんみつ)
忽せ(ゆるがせ) ルーズ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

大雑把(おおざっぱ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス