大童

【意味】 大童とは、夢中になってすること。なりふりかまわず、一心にすること。また、そのさま。大わらわ。

【大童の語源・由来】

大童は、髪の乱れの形容から生まれた語である。
「童」は元服前の子供(3歳から10歳くらい)のことであるが、子供が髪を束ねないで垂らしているその髪形もいう。
大人はきちんと髪を結っているが、戦場で兜を脱ぎ捨てると髪が乱れ、童のようになることから、髪を乱して奮戦するさまを「大きな童」で「大童」と言うようになり、一心不乱になって行うさまも「大童」と言うようになった。
「童」の語は「乱れる」という意味に由来するため、髪形に関係なく、取り乱して大慌てすることから「大童」になったとも考えられるが、『平治物語』の「冑も落ちて、おほわらわになり給ふ」など、髪の乱れをいったものが多いことから、子供のように乱れた髪に由来すると考えた方が良いであろう。

【関連語】

慌てる(あわてる) 一大事(いちだいじ) 一目散(いちもくさん)
一生懸命(いっしょうけんめい) 一心不乱(いっしんふらん) 兜(かぶと)
髪(かみ) 我武者羅(がむしゃら) きりきり舞い(きりきりまい)
子(こ) 散切り(ざんぎり) しゃかりき
遮二無二(しゃにむに) てんてこ舞い(てんてこまい) テンパる
てんやわんや 熱心(ねっしん) 背水の陣(はいすいのじん)
パニック 只管(ひたすら) 武士(ぶし)
乱れる(みだれる) 向きになる(むきになる) 夢中(むちゅう)
無二無三(むにむさん) 狼狽(ろうばい) 童(わらわ)
童(わらべ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス