大風呂敷

【意味】 大風呂敷とは、実現できそうにない話や計画。「大風呂敷を広げる」の形で使用される。

【大風呂敷の語源・由来】

風呂敷は包む物が何もなくても、広げた時の寸法は大きい。
これが大風呂敷(大きな風呂敷)となれば、なおのこと外形だけは大きくなる。
そこから、特に内容が無いのに大それたものを「大風呂敷」といい、現実性に乏しい大げさな話をしたり計画したりすることを「大風呂敷を広げる」というようになった。

【関連語】

嘯く(うそぶく) 大きい(おおきい) 大袈裟(おおげさ)
尾鰭が付く(おひれがつく) 外連味(けれんみ) 現実(げんじつ)
針小棒大(しんしょうぼうだい) 啖呵を切る(たんかをきる) 鳴り物入り(なりものいり)
はったり 広がる(ひろがる) 風呂敷(ふろしき)
ホラ吹き(ほらふき)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス