御曹司

【意味】 御曹司とは、名門・名士の子息。御曹子。

【御曹司の語源・由来】

「御」は接頭語で、「曹司」はもともと「部屋」を意味した。
平安時代、曹司は官署や官所などに設けられた部屋をいうようになり、そこに住む官吏や女官も意味するようになった。
中でも独立していない部屋住みの貴族の子息は、「御」をつけて「御曹司」といわれるようになり、名士の子息を意味するようになったが、現代は貴族文化ではないため、お金持ちの子息などを呼ぶようになっている。
また、子息の中でも二代目となる者をさすことが多いが、源平の時代、平家の子息を「公達(きんだち)」と呼ぶのに対し、源氏の子息は「御曹司」といって、源氏二代目の源義経は「九郎御曹司」と呼ばれた。
特にこの時代は、源義経のことだけをさして「御曹司」ということが多かったため、二代目の意味合いが強くなった。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス