温故知新

【意味】 温故知新とは、歴史・思想・古典など昔のことをよく調べ研究し、そこから新しい知識や見解を得ること。

【温故知新の語源・由来】

温故知新は、『論語(為政篇)』の出典によるもので、孔子が師となる条件として、先人の思想や学問を研究するよう述べた言葉。
温故知新は、「子曰く、故きを温ねて、新しきを知れば、以って師と為るべし」と訓読され、「温故」は「故きを温ねて(ふるきをたずねて)」と読まれるのが一般的であるが、「故きを温めて(あたためて)」と読むべきとの解釈もある。

【関連語】

新しい(あたらしい) 暗中模索(あんちゅうもさく) 古(いにしえ)
お浚い(おさらい) 教える(おしえる) カルチャー
驥尾に付す(きびにふす) 稽古(けいこ) 蛍雪の功(けいせつのこう)
塾(じゅく) 知る(しる) スクール
切磋琢磨(せっさたくま) 先生(せんせい) 寺子屋(てらこや)
習う(ならう) 古い・故い・旧い(ふるい) 勉強(べんきょう)
学ぶ(まなぶ) 昔(むかし) 目から鱗が落ちる

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

温故知新の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典
温故知新の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス