鬼の霍乱

【意味】 鬼の霍乱とは、普段は健康な人が珍しく病気になることのたとえ。

【鬼の霍乱の語源・由来】

霍乱は、もがいて手を振り回す意味の「揮霍撩乱(きかくりょうらん)」の略で、日射病や暑気あたり、江戸時代には夏に起こる激しい吐き気や下痢を伴う急性の病気をいった。
いつもは健康な人を強くて丈夫な人を「鬼」、珍しく病気になることを「霍乱(急性かつ苦しむ病気)」にたとえ、「鬼の霍乱」というようになった。

【関連語】

油が切れる(あぶらがきれる) 老いぼれる・耄れる(おいぼれる) 老いらく(おいらく)
老いる(おいる) 衰える(おとろえる) 鬼(おに)
苦しい(くるしい) グロッキー 健康(けんこう)
諺(ことわざ) 盛者必衰(じょうしゃひっすい) 丈夫(じょうぶ)
箍が緩む(たががゆるむ) 夏(なつ) 乱れる(みだれる)
珍しい(めずらしい) 耄碌(もうろく) もがく
焼きが回る(やきがまわる) 薬餌に親しむ(やくじにしたしむ) 病(やまい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス