同じ

【意味】 同じとは、別のものではない。同一である。性質・状態・程度などに区別がない。同様である。おなし。おんなじ。おんなし。

【同じの語源・由来】

おなじの「おな」は「おの(己)」、「じ」は形容詞化接尾語「じ」で、「己自身のようだ」「自分らしい」という意味が語源と考えられている。
上代には同義語に「おやじ」があることから、「親に似ている」の意味と解釈する説もある。
「おやじ」は「おなじ」よりも古い語形かといわれてきたが、現在では「おなじ」と共存して俗語的に用いられていたという見解が有力である。
同じの漢字「同」は、「四角い板」+「口(あな)」からなる字で、板に穴をあけて突き通すことを表し、通じれば一つになることから、「同一」「共通」の意味となった。

【関連語】

相子(あいこ) イーブン イコール
一点張り(いってんばり) 一本槍(いっぽんやり) 瓜二つ(うりふたつ)
おっつかっつ 同じ穴の狢(おなじあなのむじな) 己(おのれ)
親(おや) 呉越同舟(ごえつどうしゅう) 互角(ごかく)
五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ) ご多分に漏れず 異なる(ことなる)
ジュース(同点) そっくり 対等(たいとう)
類い・比い(たぐい) 違う(ちがう) 同人(どうじん)
どっこいどっこい ドロー 団栗の背比べ
とんとん 似る(にる) 伯仲(はくちゅう)
匹敵(ひってき) 等しい(ひとしい) 平等(びょうどう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス