おむつ

【意味】 おむつとは、大小便の汚れを受けるために、乳幼児や病人、お年寄りなどの股に当てる布や紙。おしめ。

【おむつの語源・由来】

おむつは、「襁褓(むつき)」に接頭語「お」が付き、「き」が略された語。
「襁」の漢字は「衣」+「強」で、「丈夫な」「きつく締める」の意味があり、赤ん坊を背負う帯をあらわす。
「褓」は「衣」+「保」で、「外から包む」の意味があり。産衣(うぶぎ)をあらわす。
むつきは、現在使われている意味とほぼ同じ、赤ん坊に着せる肌着やふんどしなどの意味で、平安時代から用いられていた。
むつきの語源は、「身(む)」助詞「つ」「着(き)」とする説や、「睦衣(むつきぬ)」、「紐付(ひもつき)」など諸説あるが、正確な語源は未詳。

【関連語】

赤ちゃん(あかちゃん) うんこ おしっこ
おしめ 帯(おび) 御虎子(おまる)
ガーゼ 紙(かみ) 厠(かわや)
糞・屎(くそ) 靴下(くつした) 尻・穴(けつ)
衣(ころも) シーツ 失禁(しっきん)
締める・閉める(しめる) 襦袢(じゅばん) 丈夫(じょうぶ)
尻(しり) ステテコ ズボン
雪隠(せっちん) 雑巾(ぞうきん) 粗相(そそう)
タオル 足袋(たび) 手水(ちょうず)
帝王切開(ていおうせっかい) ティッシュ トイレ
ナプキン 布(ぬの) 履く・穿く(はく)
糞・屎(ばば) ハンカチ パンツ
ヒモ・紐(ひも) 布巾(ふきん) 糞(ふん)
褌(ふんどし) 便所(べんじょ) 股(また)
マタニティー 嬰児(みどりご) モップ
股引(ももひき) もんぺ 羊水(ようすい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス