思う壺

【意味】 思う壺とは、意図したとおり、期待したとおりになること。思うつぼ。思うツボ。

【思う壺の語源・由来】

「壺」は、博打でサイコロを入れて振る籐や竹で編んだ「壺皿」のこと。
熟練の壺振り師は、思ったとおりの目を出せることから、こう言うようになった。
「思う壺にはまる」という表現は、狙った通りになる意味の「壺にはまる」に合わせたものであるが、この「壺」は博打で用いる壺皿のことではない。

【関連語】

操る(あやつる) 案の定(あんのじょう) 糸を引く(いとをひく)
お仕着せ(おしきせ) 思う・想う(おもう) 思惑(おもわく)
駆け引き(かけひき) 鎌をかける(かまをかける) 口車(くちぐるま)
企てる(くわだてる) ゴリ押し(ごりおし) サイコロ
差し金(さしがね) 指図(さしず) したり顔(したりがお)
しめしめ 洗脳(せんのう) 唆す(そそのかす)
企み(たくらみ) タケ・竹(たけ) 壷・壺(つぼ)
ツボ 壺に嵌る(つぼにはまる) 手玉に取る(てだまにとる)
トウ・籐(とう) どや顔(どやがお) 博打(ばくち)
プラン マインドコントロール まんまと
水を向ける(みずをむける) 無理矢理(むりやり) 目論見(もくろみ)
罠(わな)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス