おみおつけ

【意味】 おみおつけとは、味噌汁の丁寧語。

【おみおつけの語源・由来】

おみおつけの「おつけ」は、動詞「付ける」の連用形「つけ」を名詞化したものに、接頭語の「御」をつけた語で、本膳の飯に並べてつける汁といった意味の女房詞。
おみおつけの「おみ」の語源は、以下のとおり諸説あり、正確な語源は未詳であるが、他の例があることから最初の説が有力である。
ひとつは、「おつけ」を更に丁寧にして「御御(おみ)」が付き、「おみおつけ」になったとする説で、同じ用法として「御御足(おみあし)」、「御神酒(おみき)」の元となる「御御酒」などがある。
これらは、「御神籤(おみくじ)」や「御神輿(おみこし)」のように「御」が少しずつ増えたわけではなく、「御御(おみ)」でひとつの接頭語とも考えられる。
もうひとつは、味噌を丁寧にいった「御味」に「御付け」が付いて、「おみおつけ」になったとする説で、この説が正しければ、漢字「御御御付け」は接頭語「御御(おみ)」と間違えられて、一般化したものと考えられる。
その他、本来は「御実御汁食」と書き、「御実」は「具」のことで、汁の上にある多くの具があり、それを食べるというのが本来の意味で、おみおつけは味噌汁のことではなかった、あるいは具が多く入った味噌汁を意味したとする説があるが考え難い。

【関連語】

赤出し(あかだし) 足・脚・肢(あし) 集め汁(あつめじる)
羹(あつもの) いちご煮(いちごに) お汁粉(おしるこ)
御神酒(おみき) 御神籤(おみくじ) ガスパッチョ
がん汁(がんじる) 巾着汁(きんちゃくじる) クッパ
クラムチャウダー けんちん汁(けんちんじる) 鯉濃(こいこく)
呉汁(ごじる) コンソメ サムゲタン
三平汁(さんぺいじる) シチュー じゃっぱ汁(じゃっぱじる)
汁(しる) 水団(すいとん) スープ
澄まし汁(すましじる) 善哉(ぜんざい) 船場汁(せんばじる)
せんべい汁(せんべいじる) 雑煮(ぞうに) 沢庵(たくあん)
出汁(だし) チーズフォンデュ 茶節(ちゃぶし)
豆腐(とうふ) トムヤムクン どんがら汁(どんがらじる)
納豆(なっとう) 根深汁(ねぶかじる) 能平汁・濃餅汁(のっぺいじる)
ヴィシソワーズ ビスク 引っ摘み汁(ひっつみじる)
ブイヤベース ポタージュ ポトフ
ボルシチ 実(み) 神輿・御輿(みこし)
味噌(みそ) ミネストローネ 飯(めし)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス