おまじない

【意味】 おまじないとは、神仏その他神秘的な力をもつものの力を借りて、災いを起こしたり、逃れようとすること。また、その術。呪術。まじない。御呪い。

【おまじないの語源・由来】

おまじないは、動詞「まじなう」の名詞形「まじない」に接頭語「お(御)」が付いた語。
「おまじない(まじなう)」の「まじ」は、「まじもの(蠱物)」「まじこる(蠱る)」などの「まじ(蠱)」と同じく、呪術を意味する。
「まじなう」の「なう」は、「占う」「行う」などと同じく、動詞を作る接尾語である。
なお、おまじないは、災いや病から逃れようとしたり、起こそうとしたりするもので、善悪にかかわらず「呪術」そのものを表す。

【関連語】

アブラカタブラ 祈る・祷る(いのる) 鰯の頭も信心から
占い(うらない) 恵方巻き(えほうまき) 縁起(えんぎ)
拝む(おがむ) オカルト お題目(おだいもく)
御神酒(おみき) 御神籤(おみくじ) 鏡餅(かがみもち)
懸けの魚(かけのうお) 門松(かどまつ) 神(かみ)
巫・覡(かんなぎ) 桑原桑原(くわばらくわばら) げんを担ぐ(げんをかつぐ)
御幣担ぎ(ごへいかつぎ) 注連縄(しめなわ) ジンクス
節分(せつぶん) 祟り(たたり) ダルマ・達磨(だるま)
ちちんぷいぷい 願う(ねがう) 念じる(ねんじる)
念仏(ねんぶつ) 祝詞(のりと) 呪い(のろい)
破魔矢(はまや) 開けゴマ(ひらけごま) 仏(ほとけ)
参る(まいる) 摩訶不思議(まかふしぎ) 蠱る(まじこる)
マジック 蠱物(まじもの) 巫女(みこ)
病(やまい) 災い・禍(わざわい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス