オリーブ

【意味】 オリーブとは、モクセイ科の常緑小高木。日本では香川県小豆島などで栽培。誤訳:橄欖(かんらん)。

【オリーブの語源・由来】

オリーブは、英語「olive(オリブ)」からの外来語。
フランス語は「olive(オリーヴ)」、ドイツ語は「Olive(オリーヴェ)」で、全て同源である。
オリーブの語源となる語は、ギリシャ語「elaifa」やラテン語「oliva」であるが、それ以前は不明で、別の言語から拝借したものと思われる。
オリーブの果実の未熟なものはピクルスにし、熟した実からオリーブ油をとる。
オリーブの枝葉は平和の象徴とされ、国連旗のデザインにも使用されている。
また、古代オリンピックでは勝者にクレタ島のオリーブの冠が与えられていた。

【関連語】

アオダモ 油・脂・膏(あぶら) アロマテラピー
イタチグサ・鼬草(いたちぐさ) イボタノキ・水蝋樹・疣取木 ウスギモクセイ・薄黄木犀
枝(えだ) オイル オウバイ・黄梅(おうばい)
オウバイモドキ・黄梅擬 オリンピック 冠(かんむり)
カンラン・橄欖(かんらん) 木・樹(き) キンモクセイ・金木犀
ギンモクセイ・銀木犀 ゲイシュンカ・迎春花 ゲッケイジュ・月桂樹
ゴマ・胡麻(ごま) シオジ・塩路(しおじ) ジャスミン
ソケイ・素馨(そけい) デザイン トウネズミモチ・唐鼠黐
トネリコ ネズミモチ・鼠黐(ねずみもち) 葉(は)
ハシドイ ヒイラギ・柊(ひいらぎ) ヒイラギモクセイ・柊木犀
ピクルス ヒトツバタゴ・一つ葉たご マツリカ・茉莉花(まつりか)
モクセイ・木犀(もくせい) ヤチダモ・谷地だも ライラック
料理(りょうり) レンギョウ・連翹(れんぎょう) ローリエ・ローレル

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス