お蔵入り

【意味】 お蔵入りとは、映画の上映や芝居の上演が取りやめになること。発表・発売が中止になること。計画が取りやめになること。御蔵。御倉。

【お蔵入りの語源・由来】

「お蔵になる」や「お蔵にする」と言うように、「御蔵」のみでも上記の意味で使われる。
語源は二説あり、蔵にしまい込んでしまい、日の目を見ずに終わることからとする説。
芝居の最終公演日を言う「千秋楽」の「らく(楽)」を倒語にして、興行が中止になることを「くら」と言ったことからといった説がある。
「お蔵入り(御蔵)」は、芝居が中止になることから、映画・計画が中止になることなどに派生した言葉で、江戸時代には倒語が流行していることから「らく(楽)」の説が有力と考えられる。
ただし、芝居の台本を蔵にしまい込んでしまったことから、芝居の用語として用いられたという解釈もあり、文字通り「蔵」を語源とする説が間違いとは言い切れない。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス