おくびにも出さない

【意味】 おくびにも出さないとは、ある物事を深く隠し、まったく口に出さず、素振りも見せないこと。「おくびにも見せない」「おくびにも立てない」ともいう。

【おくびにも出さないの語源・由来】

おくびにも出さないの「おくび」とは、胃の中にたまったガスが口から外に出る「げっぷ」のこと。
腹の中にあるものを「おくび」としてさえも出さないように、心に秘めた事を口(言葉)に出さない、表に出さないことに喩えたものである。

【関連語】

胃(い) うんともすんとも おくび
隠す(かくす) ガス・瓦斯(がす) 口(くち)
口を拭う(くちをぬぐう) げっぷ 言葉(ことば)
シークレット 素振り(そぶり) 出す(だす)
タブー 黙る(だまる) 噤む(つぐむ)
内緒(ないしょ) 腹(はら) 秘密(ひみつ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス