おっかない

【意味】 おっかないとは、怖い。恐ろしい。

【おっかないの語源・由来】

おっかないの語源は、「身の程知らずだ」「恐れ多い」という意味の形容詞「おおけなし(おほけなし)」が、促音化して「おっけなし」となり、「おっかなし」になったとする説。
形容詞「こわい」に感動詞「おお」が付いた「おおこわ」に、形容詞の接尾語「ない」が付いて「おおこわない」になり、音変化を繰り返したとする説がある。
この語が使われ始めた時代は、「恐れ多い」の意味で用いられた例が多く、意味的に「おおけなし」が近いため前者が有力と思われるが、「おおけなし」が変化して「おっかない」が成立するまでに「おおこわ」が影響した可能性は考えられる。
江戸中期の方言辞典『物類称呼』では「武蔵近国の言葉」としており、主に東日本で用いられた言葉のようである。

【関連語】

危ない(あぶない) 厳つい(いかつい) 厳めしい(いかめしい)
怒る(いかる) おおけなし 怒る(おこる)
悍ましい(おぞましい) 恐ろしい(おそろしい) 脅す・嚇す・威す(おどす)
戦く・慄く(おののく) お化け(おばけ) 怯える・脅える(おびえる)
及び腰(およびごし) 気味が悪い(きみがわるい) 怖い・恐い・強い(こわい)
強張る(こわばる) 凄まじい(すさまじい) スリル
たじろぐ 二の足を踏む(にのあしをふむ) パニック
ビビる 怯む(ひるむ) へっぴり腰(へっぴりごし)
ホラー 身の毛もよだつ 山の神(やまのかみ)
戦慄く(わななく)

【関連リンク】

「恐ろしい」「怖い」「おっかない」の違い

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス