おけらになる

【意味】 おけらになるとは、一文無しになる。所持金が全然無くなる。「おけら」のみで一文無し。オケラになる。

【おけらになるの語源・由来】

「おけら」は昆虫「ケラ」の俗称で、ケラを前から見ると万歳をしているように見えるため、一文無しでお手上げ状態になった姿に見立てたとする説が有力とされる。
その他、賭博に負けて無一文になった者を「裸虫」といったことから、オケラに見立てたとする説や、植物の「オケラ(朮)」のことで、この植物は根の皮を剥いで薬用とされるため、身の皮を剥がれる意味に掛けたとする説などがある。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス