おかしい

【意味】 おかしいとは、滑稽である。普通ではなく変だ。妙だ。疑わしい。納得がいかない。

【おかしいの語源・由来】

おかしいの語源には、好意的に興味を持って迎えることから、「招き寄せる」意味の動詞「をく(招く)」の形容詞形とする説と、「愚かなこと」「馬鹿げていること」を意味する名詞「をこ(痴・烏滸)」の形容詞形とする説がある。
おかしいの古形は「をかし」で、『枕草子』や『更級日記』などに見られる「いとをかし」は、「風情がある」「趣がある」といった意味で訳されるように、対象を好意的に捉えており、「招く」の説が当てはまる。
「滑稽だ」「普通と違って疑わしい」という意味では、愚かなことを意味する「をこ」の説が当てはまり、おもしろさを表す「滑稽」の意味から「ほほえましく魅力的である」という意味が生じたとすれば、「心をひきつける」「趣深い」という意味にも通じる。
ただし、「滑稽」という意味の「をかし(おかしい)」は、平安中期頃から多く見られるため、「趣がある」を意味する「おかしい」と、「滑稽」を意味する「おかしい」は、別々の語であったとも考えられる。
おかしいの漢字には「可笑しい」を当てるが、「疑わしい」という意味の「おかしい」には「奇怪しい」が当てられる。

【関連語】

怪しい・妖しい(あやしい) 如何わしい(いかがわしい) 訝しい(いぶかしい)
異様(いよう) 胡散臭い(うさんくさい) 疑う(うたがう)
エキセントリック 面黒い(おもくろい) 面白い(おもしろい)
趣(おもむき) 愚か(おろか) 諧謔(かいぎゃく)
ギャグ 下らない(くだらない) けったい
滑稽(こっけい) コミカル コント
洒落(しゃれ) 冗談(じょうだん) ジョーク
楽しい(たのしい) 痛快(つうかい) つまらない
道化・道化師(どうけ・どうけし) バカ・馬鹿(ばか) ピエロ
剽軽(ひょうきん) 臍で茶を沸かす へんてこ
招く(まねく) 漫才(まんざい) 未曾有(みぞう)
珍しい(めずらしい) ユーモア 愉快(ゆかい)
ユニーク 寄席(よせ) 落語(らくご)
笑い(わらい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス