おじゃん

【意味】 おじゃんとは、物事が途中で駄目になること。「計画がおじゃんになる」などと使われる。

【おじゃんの語源・由来】

おじゃんの語源は、江戸時代、火事が発生した際に半鐘を連打し、鎮火した際は「ジャンジャン」と半鐘を二度鳴らして火事が終わった合図としていたため、半鐘の「ジャン」という音と「おしまい」の意味から、おじゃんになったとする説が多いが、半鐘の音の「おしまい」の意味が強調されたとしても、おじゃんの意味とやや異なる。
江戸時代に使われていた言葉で、「おじゃん」に音が近く、物事が途中で駄目になる意味の動詞「じゃみる」があることから、「じゃみる」の連用名詞形「じゃみ」に接頭語「お」が付き、おじゃんになったと考えるのが妥当である。

【関連語】

上がったり(あがったり) 後の祭り(あとのまつり) 過ち(あやまち)
お蔵入り(おくらいり) お釈迦(おしゃか) 音(おと)
鐘・鉦(かね) 腐る(くさる) ケガ・怪我(けが)
転ける・倒ける(こける) しくじる 死ぬ(しぬ)
しまった 折角(せっかく) 台無し(だいなし)
ダメ・駄目(だめ) 躓く(つまずく) 十日の菊(とおかのきく)
ドジ とちる 南無三(なむさん)
万事休す(ばんじきゅうす) 半鐘(はんしょう) プラン
墓穴を掘る(ぼけつをほる) ぽしゃる 水の泡(みずのあわ)
六日の菖蒲(むいかのあやめ) 無駄(むだ) 元の木阿弥(もとのもくあみ)
元も子もない(もともこもない) わや

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス