お辞儀

【意味】 お辞儀とは、頭を下げて礼をすること。頭を下げて挨拶すること。「お」は接頭語。御辞儀。お辞宜。御辞宜。

【お辞儀の語源・由来】

お辞儀の語源は、物事を行うのにちょうど良い時期を意味する「時宜(じぎ)」で、「辞儀」の表記は江戸時代からである。
平安時代には本来の意味で使われていたが、鎌倉・室町時代には様々な意味で使われるようになった。
「ちょうど良い時間・頃合」の意味から、「時間」の意味が希薄になり、お辞儀は「物事が成立するのにちょうど良い状況・事態」の意味となった。
さらに、「状況に対する考えや気持ち」「状況を見極めて対処すること」を意味するようになり、考えや気持ちなどを表す用法から、積極的に物事に関わる意向の意味が派生し、この意向が他人への配慮や心配になり、中世末期には挨拶の意味になった。
挨拶に伴い頭を下げる動作の意味に限定されるのは、江戸時代後期からである。

【関連語】

挨拶(あいさつ) 頭(あたま) あばよ
有難う(ありがとう) いただきます 一期一会(いちごいちえ)
行って来ます(いってきます) いってらっしゃい いらっしゃい
会釈(えしゃく) お陰様(おかげさま) オジギソウ・含羞草
お邪魔します(おじゃまします) オッス・押忍(おっす) おはよう
お休みなさい(おやすみなさい) 忝い・辱い(かたじけない) ご馳走・ごちそうさま
御免(ごめん) グッドバイ 御機嫌よう(ごきげんよう)
ご無沙汰(ごぶさた) コミュニケーション こんにちは
こんばんは さようなら 仁義(じんぎ)
世話(せわ) ただいま どういたしまして
額ずく(ぬかずく) バイバイ 久しぶり(ひさしぶり)
マナー ようこそ よろしく

【関連リンク】

「お辞儀」と「会釈」の違い

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス