おいちょかぶ

【意味】 おいちょかぶとは、花札賭博の一種。手札とめくり札を足した数の末尾が9またはそれに最も近い数を勝ちとする。おいちょ。おいちょう。かぶ。

【おいちょかぶの語源・由来】

おいちょは「8」、かぶは「9」の数いう語。
おいちょかぶはこの二語を組み合わせたもので、近世以降見られる。
おいちょには「追丁」や「追帳」などの字が当てられたが、「8」を意味するスペイン語の「ocho」もしくはポルトガル語の「Oito」とする説が有力である。
かぶの語源は「かぶ(頭)」からとも考えられるが未詳で、もとは「カウ」と呼ばれていたようである。
おいちょかぶの他の数の主な呼称は、0が「ブタ」、1は「ピン」、2は「ニゾウ」、3は「サンタ」、4は「ヨツヤ」、5は「ゴケ」、6は「ロッポウ」、7は「シチケン」という。

【関連語】

遊び(あそび) 頭(あたま) 囲碁(いご)
オセロ カード カジノ
数(かず) かるた ギャンブル
計算(けいさん) ゲーム 将棋(しょうぎ)
チェス 寺銭(てらせん) 胴元(どうもと)
トトカルチョ 賭博(とばく) トランプ
バカラ 博打(ばくち) パチンコ
花札(はなふだ) 札(ふだ) ブラックジャック
ポーカー マージャン・麻雀 ロト

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス