置いてきぼり

【意味】 置いてきぼりとは、置きざりにすること。

【置いてきぼりの語源・由来】

置いてきぼりは、「置いてけぼり」が転じた語である。
「置いてけぼり」は、江戸本所七不思議のひとつ「置いてけ堀」の故事に由来する。
「置いてけ堀」の故事とは、夕方に堀で釣った魚を魚籠(びく)に入れ帰ろうとすると、釣った魚を堀に返すまで、堀の中から「置いてけ、置いてけ」という声が聞こえたという話である。
この堀が何処であるかは、「錦糸堀」や「亀戸東方の堀」など諸説ある。

【関連語】

秋茄子は嫁に食わすな 意地悪(いじわる) 置く(おく)
遅い(おそい) 蚊帳の外(かやのそと) 愚図(ぐず)
声(こえ) 魚(さかな) シカト
黄昏(たそがれ) 爪弾き(つまはじき) とろい
蔑ろ(ないがしろ) 梨の礫(なしのつぶて) 鈍間(のろま)
のんびり 魚篭・魚籠(びく) ひとりぼっち
ビリ 堀・濠・壕(ほり) 村八分(むらはちぶ)
夕方(ゆうがた)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

置いてきぼり(おいてきぼり)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス