オイル

【意味】 オイルとは、食用・燃料用・機械用・潤滑用などの油。石油。油絵の具。油絵。

【オイルの語源・由来】

英語「oil」からの外来語で、その語源は「オリーブ」である。
ギリシャ語で「オリーブ」は「elaifa」、オリーブオイルは「elaifon」と言った。
オリーブの原産である地中海沿岸地域ではオリーブオイルが沢山とれたため、「油」と言えば「オリーブオイル」を指し、「油」の一般名称も「elaifon」であった。
ラテン語でも「油 = オリーブオイル」となり、「oliva」から派生した「oleum(オリーブオイル)」は、「油」の一般名称として用いられた。
ラテン語「oleum」は、フランス語で「oile」「huile」となり、英語で「oile」「oil」となった。
ドイツ語で「オイル」を意味する「エール」も、ラテン語「oleum」が語源となっている。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) アルコール アロマテラピー
絵・画(え) 液(えき) エッセンシャルオイル
エンジン オリーブ ガス・瓦斯(がす)
ガソリン ギー キャノーラ
グリース・グリス グリセリン コーン
ゴマ・胡麻(ごま) コレステロール サフラワー
サラダ油(ゆ・あぶら) ショートニング 汁(しる)
シンナー 炭・墨(すみ) 石油(せきゆ)
セルライト ダイズ・大豆(だいず) ツバキ・椿(つばき)
ニス パーム バター
パラフィン 蓖麻子油(ひましゆ) ヘット
ポマード マーガリン マッサージ
マヨネーズ ヤシ・椰子(やし) ヤニ・脂(やに)
ラード ラー油(ゆ) リンパ
ローソク・蝋燭(ろうそく) ワタ・綿(わた) ワックス

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス