おいど

【意味】 おいどとは、お尻。

【おいどの語源・由来】

「お」は接頭語の「御」、「い」は「座る」を意味する古語「ゐる(居る)」の名詞形、「ど」は「場所・所」を意味する「と・ど(処)」で、おいどは「座るところ」という意味である。
おしりは座る際の中心となる部位であるため、中世頃から上品な女性語として用いられるようになった。
現在では、愛知と近畿以西の方言にみられる。

【関連語】

居る(いる) うんこ おなら
女(おんな) 体(からだ) 尻・穴(けつ)
ケツが青い(けつがあおい) 痔(じ・ぢ) 尻尾(しっぽ)
尻(しり) 座る・坐る(すわる) 所・処(ところ)
ヒップ 陰嚢(ふぐり) 屁(へ)
股(また) 蒙古斑(もうこはん)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス