お開き

【意味】 お開きとは、会合や宴会などを終わりにすること。特に、婚礼などの祝宴に用いる。閉会。散会。

【お開きの語源・由来】

お開きは、会合や宴会、特に祝宴で「終わり」「散会(散る)」「閉会(閉じる)」という不吉な表現を避けるために用いられる。
本来は、武士が「退却する」「退陣する」という意味で使った忌み言葉。
そこから、近世には「帰る」「去る」という意味が生じ、明治以降、「散会」「閉会」の意味で「お開き」が用いられるようになった。

【関連語】

上がり(あがり) 挙句の果て(あげくのはて) アンカー
一巻の終わり(いっかんのおわり) ウエディング 宴(うたげ)
エピローグ エンド 大喜利(おおぎり)
大詰め(おおづめ) 大晦日(おおみそか) お仕舞い・お終い(おしまい)
終わり(おわり) 帰る・還る(かえる) 鏡開き(かがみびらき)
けりをつける ゴール 去る(さる)
終局(しゅうきょく) 終盤(しゅうばん) 退く(しりぞく)
殿(しんがり) 済む(すむ) 千秋楽(せんしゅうらく)
大団円(だいだんえん) 掉尾(ちょうび) ちょんになる
散る(ちる) 晦・晦日(つごもり) 閉じる(とじる)
とどのつまり トリ 果て(はて)
開く(ひらく) ビリ フィナーレ
フィニッシュ 武士(ぶし) 幕切れ(まくぎれ)
ラスト

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス