おがくず

【意味】 おがくずとは、のこぎりなどで木材をひいたときに出る木屑。のこくず。

【おがくずの語源・由来】

おがくずの「おが(大鋸)」は、二人がかりで挽く大きなのこぎりのこと。
「おが」で木材を挽いたときに出る「くず」なので、「おがくず」という。
大きなのこぎりを「おが」というのは、「大(おお・おほ)」と「ががり」からなる「おおががり(おほががり)」が略されたもの。
「ががり」は、木を挽く時の音から生じた「大鋸」の異名である。

【関連語】

芥(あくた) 大きい(おおきい) 粕・糟・滓(かす)
ガラクタ 瓦礫(がれき) 木・樹(き)
切る・斬る・伐る(きる) 屑(くず) 杮(こけら)
粉(こな) ゴミ スクラップ
煤(すす) 塵(ちり) 粒(つぶ)
ノコギリ・鋸(のこぎり) 灰(はい) 埃(ほこり)
ボロ・襤褸(ぼろ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス