踊り

【意味】 踊りとは、音楽・歌・拍子などに合わせて体を動かすこと。ダンス。舞踊。舞踏。

【踊りの語源・由来】

踊りは、動詞「をどる(おどる)」の連用形「をどり(おどり)」が名詞化した語。
「踊り(踊る)」の語源は、「お」が「尾」で「どり(どる)」が「とどろく」の意味とする説や、「繰り返す」という意味の「ヲツ」と関係する語といった説、「をとぶある(小飛有)」の意味など諸説あり未詳である。
「エビの躍り食い」や「躍りあがって喜ぶ」など、「跳ね上がる」意味の「おどり」は「躍り」と表記して「踊り」と区別されるが、本来、「おどり」は「跳ね上がること」「飛び跳ねること」など躍動運動を表す語であった。
また、「舞踏」の意味として「踊り(踊る)」が用いられた例は中世末期頃から見られるが、当時の踊りは跳ね上がるような動きであったと考えられ、日本芸能においての「踊り」も、「舞い」と区別して躍動運動を主体とした動作を指し、音楽や歌に促されて踊るのではなく、自らがリズムを作り踊るものをいった。

【関連語】

合いの手(あいのて) 歌・唄・詩(うた) エビ・海老・蝦(えび)
尾(お) 音(おと) 踊り場(おどりば)
お囃子(おはやし) オペラ お盆(おぼん)
音楽(おんがく) 神楽(かぐら) 歌舞伎(かぶき)
体(からだ) カルチャー 狂言(きょうげん)
サルサ サンバ 芝居(しばい)
ステップ 大衆(たいしゅう) タップダンス
タンゴ ダンス ツイスト
田楽(でんがく) 轟く(とどろく) 飛ぶ・跳ぶ(とぶ)
能(のう) 博多どんたく(はかたどんたく) 跳ねる・撥ねる(はねる)
バレエ 拍子(ひょうし) フォークダンス
フラダンス フラメンコ ポルカ
ポロネーズ 舞(まい) マズルカ
祭り(まつり) マンボ ミュージカル
メロディー よさこい 喜ぶ(よろこぶ)
梨園(りえん) リズム ルンバ
ワルツ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス