お猪口

【意味】 お猪口とは、日本酒を飲むときや、蕎麦を汁につけるときに用いる陶製の小さな器。口が広く、底がすぼんだ形をしている。

【お猪口の語源・由来】

お猪口は、「ちょく(猪口)」が転じた語である。
「ちょく」の語源は未詳であるが、ちょっとしたものを表す「ちょく」や、飾り気がないことや安直を表す「ちょく(直)」と考えられる。
一般には、お猪口の語源が「鍾(しょう)」の呉音・福建音・朝鮮音「チョング・チョンク(chong)」に由来すると言われている。
しかし、「鍾」が器の意味で用いられる場合は、金属で作られた杯や酒壷など重いものを指すことが多く、酒器のみの意味で伝わったとしても、日本では元々本膳料理に用いる小器を「猪口」と言い、それが小形の杯を示すようになったものであるため、「チョング(チョンク)」が変化したというのは、やや考え難い。
また、猪の口に形が似ているからとする俗説もあるが、漢字の「猪口」は当て字なので語源ではない。(猪の口と全く関係ないチョコレートに、「猪口冷糖」といった当て字がされた例もある)

【関連語】

イノシシ・猪(いのしし) 器(うつわ) お櫃(おひつ)
重い(おもい) カップ 口(くち)
グラス コップ 杯・盃(さかずき)
酒(さけ) 皿(さら) 汁(しる)
ソバ・蕎麦(そば) 小さい(ちいさい) 茶碗(ちゃわん)
銚子(ちょうし) 猪口才(ちょこざい) チョコレート
壷・壺(つぼ) デカンタ 天目茶碗(てんもくぢゃわん)
屠蘇(とそ) 徳利(とっくり) 丼(どんぶり)
飲む・呑む(のむ) 鉢(はち) 瓶(びん)
ペットボトル へな猪口(へなちょこ) ボトル
料理(りょうり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス