おちゃっぴい

【意味】 おちゃっぴいとは、おしゃべりで活発な女の子。また、そのようなさま。

【おちゃっぴいの語源・由来】

江戸時代の遊郭で、客に出すお茶を挽く仕事を暇な遊女にさせていたことから、暇な遊女を「お茶挽き(おちゃひき)」といい、その「お茶挽き」の変化した言葉が「おちゃっぴい」である。
客もつかず、お茶ばかり挽いているような遊女たちは、おしゃべりでしとやかさに欠けている者が多かったことから、「おしゃべりで活発な女の子」を意味するようになり、同時に遊女以外の女の子もさすようになった。
昭和後期あたりから、長音を表す「ー」を用いた「おちゃっぴー」や、「ぃ」を用い「おちゃっぴぃ」と表記される例が見られるようになった。

【関連語】

阿婆擦れ(あばずれ) おきゃん お喋り(おしゃべり)
お茶(おちゃ) お茶を挽く(おちゃをひく) お転婆(おてんば)
女(おんな) 客(きゃく) 仕事(しごと)
じゃじゃ馬(じゃじゃうま) 蓮っ葉(はすっぱ) 暇・閑・隙(ひま)
ミーハー やんちゃ 遊郭・遊廓(ゆうかく)
腕白(わんぱく)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス