オカリナ

【意味】 オカリナとは、粘土・陶土などを焼いて作った気鳴楽器。吹き口と胴に8~12個の指孔をもつ。

【オカリナの語源・由来】

イタリア語「ocarina(オカリーナ)」からの外来語。
「ocarina」の「oca」は「ガチョウ」、「rina」は「小さい」を表し、「ocarina」は「小さなガチョウ」を意味する。
これは、小さなガチョウのような形態をしていることからの命名である。

【関連語】

オーボエ 音(おと) 音楽(おんがく)
ガチョウ・鵞鳥(がちょう) クラリネット コルネット
コントラファゴット サクスホルン サックス
尺八(しゃくはち) 笙(しょう) 簫(しょう)
スーザフォン 小さい(ちいさい) チャルメラ
チューバ トランペット トロンボーン
ハーモニカ バスーン ピッコロ
ファゴット 笛(ふえ) 吹く・噴く(ふく)
フルート ブロックフレーテ ホイッスル
ホルン ラッパ・喇叭(らっぱ) リコーダー

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス