おべんちゃら

【意味】 おべんちゃらとは、口先だけで相手の機嫌を取ろうとすること。また、その時のお世辞やそれを言う人。

【おべんちゃらの語源・由来】

おべんちゃらは、「べんちゃら」に接頭語の「お(御)」が付いた語。
「べんちゃら」は江戸時代、「おべんちゃら」は明治以降に見られる。
べんちゃらの「べん」は、「ものの言いよう」「話しぶり」を表す「弁(べん)」。
「ちゃら」は、「出まかせを言うこと」「でたらめ」の意味の「ちゃら」である。

【関連語】

犬蹲い(いぬつくばい) お世辞(おせじ) 煽てる(おだてる)
おべっか 阿る(おもねる) 機嫌(きげん)
曲学阿世(きょくがくあせい) 軽薄(けいはく) 媚びる(こびる)
御幣持ち(ごへいもち) 胡麻を摺る(ごまをする) 米搗き飛蝗(こめつきばった)
秋波(しゅうは) 太鼓持ち(たいこもち) ちやほや
提灯持ち(ちょうちんもち) 諂う・諛う(へつらう) 幇間(ほうかん)
褒める・誉める(ほめる) 味噌を擂る(みそをする) ヨイショ
猟虎の皮(らっこのかわ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス