ぬた

【意味】 ぬたとは、野菜や魚介類を酢味噌で和えた料理。ぬた和え。ぬたなます。

【ぬたの語源・由来】

「沼田」の意味で、ぬるぬるした感じが沼田に似ていることからついた名である。
どろりとした味噌が沼田を連想させることから、味噌に限定していわれることが多いが、古くはぬるぬるした和え物全てを「ぬた」と呼んでおり、味噌だから沼田というわけではない。
味噌以外のものでは、酒粕を用いた「粕饅」や、大豆や枝豆を煮て潰したもので和える「豆饅」があり、現在でも山形などでは「ずんだ」を「豆ぬた」と呼んでいる。
福岡の郷土料理「ぬたえ」は「ぬたあえ」が訛ったもので、秋祭りや放生会、正月料理などに必ず作られる。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス