濡れ手で粟

【意味】 濡れ手で粟とは、苦労せずに多くの利益を得ること。濡れ手で泡の掴み取り。濡れ手で粟のぶったくり。濡れ手に粟。

【濡れ手で粟の語源・由来】

濡れた手で粟をつかむと、粟粒がいっぱいくっついて沢山つかめることからいう。
「濡れ手に粟」という表現も一部の辞書では認められているが、本来、自ら濡れた手で粟を掴むものであり、偶然、手が濡れていて沢山掴めたという、「棚から牡丹餅」のような意味ではない。
なお、「濡れ手で泡(濡れ手に泡)」と書き、いくら努力をしても実らないことのたとえとするのは、完全な誤りである。

【関連語】

虻蜂取らず(あぶはちとらず) 虻も取らず蜂に刺される 泡(あわ)
アワ・粟(あわ) 一網打尽(いちもうだじん) 一石二鳥(いっせきにちょう)
鷸蚌の争い(いつぼうのあらそい) 芋づる式(いもづるしき) 海老で鯛を釣る
多い(おおい) 稼ぐ(かせぐ) 漁夫の利(ぎょふのり)
犬兎の争い(けんとのあらそい) 諺(ことわざ) 沢山(たくさん)
棚から牡丹餅(たなからぼたもち) 掴む・攫む(つかむ) 手(て)
鳶に油揚げをさらわれる 二兎を追う者は一兎をも得ず 濡れる(ぬれる)
坊主丸儲け(ぼうずまるもうけ) 儲ける(もうける) 利益(りえき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス