濡れ縁

【意味】 濡れ縁とは、雨戸の外側に設けられた縁側。雨縁。

【濡れ縁の語源・由来】

濡れ縁は文字通り、雨風を防ぐ雨戸などの外壁がなく、雨にざらしの縁側なのでこの名がある。
「縁」は縁側の「縁」のことであるが、昔は「縁側」を単に「縁」と呼んでいたため、特に、縁側の略というわけではない。
濡れ縁の中でも、座敷や通常の縁側より一段低い位置に設けたものは、一段落とした縁の意味で「落ち縁」と呼ばれる。
雨に濡れるため、板と板の間を隙間状にして水はけをよくしたり、水切れをよくするために竹を使用することもあり、現代では腐食しないようアルミを使ったものも多く見られる。

【関連語】

アーケード 東屋・四阿(あずまや) 雨(あめ)
アルミ 家(いえ) 板(いた)
縁側(えんがわ) エントランス 踊り場(おどりば)
勝手口(かってぐち) 玄関(げんかん) 座敷(ざしき)
簀の子(すのこ) タケ・竹(たけ) 三和土(たたき)
テラス 土間(どま) 庭(にわ)
濡れる(ぬれる) バルコニー 縁(ふち)
部屋(へや) ベランダ 縁(へり)
ベンチ ポーチ(玄関) 水(みず)
床(ゆか) 葦簀・葭簀(よしず) 廊下(ろうか)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス