ぬか喜び

【意味】 ぬか喜びとは、いったん喜んだ後、実はあてはずれでがっかりするような、はかない喜び。

【ぬか喜びの語源・由来】

ぬか喜びの「ぬか」は、玄米を精白する時に生じる種皮や胚芽の粉末の「糠」のこと。
「糠」はその形状から、近世頃より「細かい」「ちっぽけな」といった意味で用いられるようになり、「糠雨(ぬかあめ)」や「糠星(ぬかぼし)」という言葉にも使われている。
さらに、「糠」が「小さい」の意味から派生し、「はかない」「頼りない」などの意味を持つようになり、はかない喜びを「ぬか喜び」と言うようになった。

【関連語】

青菜に塩(あおなにしお) 当てずっぽう(あてずっぽう) 雨(あめ)
有頂天(うちょうてん) 項垂れる(うなだれる) 上の空(うわのそら)
肩を落とす(かたをおとす) がっかり・がっくり 腐る(くさる)
挫ける(くじける) 小糠雨(こぬかあめ) 細かい(こまかい)
米(こめ) 塞翁が馬(さいおうがうま) 残念(ざんねん)
萎える(なえる) 沈む(しずむ) 悄気る(しょげる)
しょぼい・しょぼしょぼ 刹那(せつな) 箍が緩む(たががゆるむ)
小さい(ちいさい) ちっちゃい ちっぽけ
捕らぬ狸の皮算用 萎える(なえる) 糠(ぬか)
糠星(ぬかぼし) 儚い(はかない) 拍子抜け(ひょうしぬけ)
憮然(ぶぜん) 星(ほし) 空しい・虚しい(むなしい)
無念(むねん) 滅入る(めいる) 面食らう(めんくらう)
元の木阿弥(もとのもくあみ) 遣る瀬無い(やるせない) 喜ぶ(よろこぶ)
落胆(らくたん) 竜頭蛇尾(りゅうとうだび) わくわく

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス