【意味】 糠とは、玄米を精白する際に出る、種子や胚芽が砕けて粉になったもの。

【糠の語源・由来】

「ヌケカハ(脱皮)」の意味であろう。
『和名抄』にも「糠 米皮也」とあるように、玄米が皮を覆った米とするならば、精米は皮が脱がされたもので、糠は脱がされた皮にあたる。
漢字は「康」と「米」から成る会意形声文字である。
「康」は硬い心棒を描いた象形文字「庚」と「米」から成る文字で穀物の硬い殻を表し、「糠」で米の硬い殻を表している。

【関連語】

大麦(おおむぎ) おから 粕・糟・滓(かす)
堅い・固い・硬い(かたい) 殻(から) 皮・革(かわ)
麹(こうじ) 小糠雨(こぬかあめ) 小麦(こむぎ)
米(こめ) 糟糠の妻(そうこうのつま) 沢庵(たくあん)
ヌカエビ・糠海老(ぬかえび) ヌカカ・糠蚊(ぬかか) 糠に釘(ぬかにくぎ)
糠働き(ぬかばたらき) ヌカボ・糠穂(ぬかぼ) 糠星(ぬかぼし)
ヌカボシソウ・糠星草 糠味噌が腐る 糠味噌女房
糠喜び(ぬかよろこび) 糠を舐りて米に及ぶ 脱ぐ(ぬぐ)
麩(ふすま) 味噌(みそ) ムギ・麦(むぎ)
ライス

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス