祝詞

【意味】 祝詞とは、神道の儀式など改まったときに、神官が神前で唱える古体の言葉。のっと。のと。のりとごと。

【祝詞の語源・由来】

祝詞の「のり」は、「宣言する」や「言う」を意味する動詞「のる(宣る・告る)」の名詞形。
祝詞の「と」は、「所」の意味、「もの」の意味、「呪言」の意味とする説がある。
「ことど」の「ど」など神に捧げる呪術的な意味をもつ言葉の多くに「と」が使われており、「呪言」の意味とする説が妥当であろう。
単純に「宣言(のりごと)」から「のりと」になったとも考えられるが、上代には「ふとのりと」「ふとのりとごと」と言っていたことから、「のりごと」から転じたとすると「ふとのりとごと」は「ふとのりごとごと」と重言になり難しい。
祝詞は広義には「祓え(はらえ)」に読む言葉や「寿詞(よごと)」などを含めていうが、普通は現存する最古の祝詞である「延喜式」所収の二七編と、藤原頼長の日記「台記」所収の「中臣寿詞(なかとみのよごと)」の一編をさしていう。

【関連語】

アーメン いたこ 祈る・祷る(いのる)
祝い(いわい) お題目(おだいもく) お呪い(おまじない)
御神酒(おみき) 神楽(かぐら) 拍手(かしわで)
神(かみ) 巫・覡(かんなぎ) 言葉(ことば)
寿(ことぶき) 賽銭(さいせん) 奉る(たてまつる)
手向け(たむけ) 鳥居(とりい) 和幣(にきて)
幣(ぬさ) 念仏(ねんぶつ) のたまう
呪い(のろい) 初詣(はつもうで) 餞・贐(はなむけ)
祭り(まつり) 祭る・祀る・奉る(まつる) 巫女(みこ)
神輿・御輿(みこし) 幣(みてぐら) 宮(みや)
社(やしろ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス