海苔

【意味】 海苔とは、紅藻類・藍藻類・緑藻類の海藻で、水中の岩石上に生えるものの総称。狭義にはアマノリ類をいう。海藻を紙状に漉いて干した食品。

【海苔の語源・由来】

古くは、粘り気を利用し接着剤としても使われていたといわれ、接着剤の「糊(のり)」と同源で、「ヌルヌル」や「ヌラヌラ」などが変化した語であろう。
『大宝律令』には、29種類の海産物が租税として納められ、そのうち8種類が海藻で、海苔も含まれていたことが記されている。
『大宝律令』の頒布された大宝2年1月1日を西暦換算すると702年2月6日になることから、国海苔貝類漁業協同組合連合会が2月6日を「海苔の日」と制定している。

【関連語】

アオサ・石蓴(あおさ) アオノリ・青海苔(あおのり) アオミドロ・水綿・青味泥
アサクサノリ・浅草海苔 アマモ・甘藻(あまも) アラメ・荒布(あらめ)
石(いし) 岩(いわ) 海(うみ)
恵方巻き(えほうまき) オゴノリ・海髪海苔・於胡海苔 おにぎり
おむすび カイニンソウ・海人草 カジメ・搗布(かじめ)
かっぱ巻き(かっぱまき) 寒天(かんてん) 草(くさ)
軍艦巻き(ぐんかんまき) コケ・苔(こけ) コンブ・昆布(こんぶ)
助六寿司(すけろくずし) 寿司・鮨・鮓(すし) 税金(ぜいきん)
煎餅(せんべい) 佃煮(つくだに) 鉄火巻き(てっかまき)
テングサ・天草(てんぐさ) 心太(ところてん) ナワノリ・縄海苔(なわのり)
糊(のり) ヒジキ・鹿尾菜・羊栖菜 フノリ・布海苔(ふのり)
ホテイアオイ・布袋葵 ホンダワラ・馬尾藻・神馬藻 マクリ・海人草・末久利(まくり)
マリモ・毬藻(まりも) メカブ・和布蕪(めかぶ) モ・藻(も)
モズク・水雲・海雲(もずく) ワカメ・若布(わかめ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス