暖簾に腕押し

【意味】 暖簾に腕押しとは、手ごたえや張り合いがないことのたとえ。

【暖簾に腕押しの語源・由来】

暖簾に腕押しの語源には二通りの解釈がある。
ひとつは、手ごたえがないたとえとして「のれんを腕(手)で押すようなもの」という、意味をそのまま解釈した一般的なもの。
もうひつは、「腕押し」は「腕相撲」のことで、「のれんと腕相撲をするように張り合いがない」と解釈したものである。
「腕押し」を「腕相撲」の意味で用いた例は『義経記』や『日葡辞書』に見られるが、暖簾に腕押しの「腕押し」が「腕相撲」を意味したと解る例はなく、当然、「腕押し」には「腕で押す」という意味もあるので断定は難しい。
ただし、「暖簾に腕相撲」ということわざが使われることもあるため、「暖簾と腕相撲をするようなもの」という意味が語源となっている可能性は十分に考えられる。

【関連語】

いけしゃあしゃあ 石地蔵に蜂(いしじぞうにはち) 石に灸(いしにきゅう)
石に針(いしにはり) 石に灸の仇煙 犬に論語(いぬにろんご)
牛に経文(うしにきょうもん) 牛の角を蜂が刺す 腕(うで)
馬の耳に念仏 押す・圧す(おす) 蛙の面に水
諺(ことわざ) シカト 鹿の角を蜂が刺す
釈迦に説法(しゃかにせっぽう) 相撲(すもう) 擂鉢へ灸を据える
棚上げ(たなあげ) 土に灸(つちにきゅう) 手(て)
豆腐に鎹(とうふにかすがい) 泥に灸(どろにやいと) 梨の礫(なしのつぶて)
糠に釘(ぬかにくぎ) 猫に小判(ねこにこばん) 暖簾(のれん)
馬耳東風(ばじとうふう) 豚に真珠(ぶたにしんじゅ) 無駄(むだ)
無頓着(むとんちゃく) 柳に風(やなぎにかぜ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス