のれん

【意味】 のれんとは、屋号・店名などを記し、店先にかけておく布。また、部屋の仕切りや装飾に用いる布。店の信用・格式。

【のれんの語源・由来】

漢字では「暖簾」と書き、本来は「のんれん(「暖」は唐音で「のん」)」であったが、転じて「のうれん」となり、「のれん」に変化した。
元々、暖簾は禅宗の用語で寒さを防ぐためにかけられた垂れ布をいい、簾の隙間を覆い暖めることから名付けられたもので、現在と同様の意味で用いられるようになったのは近世以降のことである。
屋号などを記して店先にかけられることから、のれんは店の信用なども意味するようになり、「暖簾分け(のれんわけ)」や「暖簾代(のれんだい)」という語も生まれた。

【関連語】

暖かい・温かい 後釜(あとがま) 印籠(いんろう)
カーテン 蚊帳(かや) 玄関(げんかん)
格子(こうし) 沽券に関わる 寒い(さむい)
サンバイザー シェード 老舗(しにせ)
シャッター 障子(しょうじ) ショップ
簾(すだれ) 天蓋(てんがい) 戸(と)
ドア 帳・帷(とばり) 扉(とびら)
鳥居(とりい) 布(ぬの) 幟(のぼり)
暖簾に腕押し(のれんにうでおし) 旗・幡・旌(はた) 判子(はんこ)
屏風(びょうぶ) 襖(ふすま) ブラインド
フランチャイズ ブランド 部屋(へや)
幌(ほろ) 幕(まく) 店(みせ)
名刺(めいし) 葦簀・葭簀(よしず)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス