のこぎり

【意味】 のこぎりとは、木材や石材、金属などを切るのに用いる工具。薄い鋼板のふちにギザギザの歯が刻みつけてある。のこ。

【のこぎりの語源・由来】

のこぎりは、『新撰字鏡』に「乃保支利」、『和名抄』に「能保岐利」とあるように、古くは「のほぎり」と呼ばれていた。
「のほぎり」の「の」は、刀「(片(かた)+刃(な)」の「な」と同じく、「刃」や「刀」を表す「な」が母音交替したもの。
「のほぎり」の「ほ」は「歯」の母音交替で、「ぎり」は「切り」である。
『大般若経字抄』や『名義抄』には、既に「のこぎり」の訓があることから、「のほぎり」が「のこぎり」に転じたのは、平安後期頃と思われる。

【関連語】

合口・匕首(あいくち) 大鋸屑(おがくず) 斧(おの)
鍛冶(かじ) 刀(かたな) 鎌(かま)
カンナ・鉋(かんな) ギザギザ 錐(きり)
切る・斬る・伐る(きる) ギロチン サーベル
ジグソー 鏨(たがね) 竹光(たけみつ)
太刀(たち) チェーンソー 剣(つるぎ)
出刃包丁(でばぼうちょう) 道具(どうぐ) ドス
ナイフ 薙刀・長刀(なぎなた) 鉈(なた)
鈍ら刀(なまくらがたな) 鋸商い(のこぎりあきない) ノコギリカミキリ・鋸天牛
ノコギリクワガタ・鋸鍬形 ノコギリザメ・鋸鮫 ノコギリソウ・鋸草
ノコギリモク・鋸藻屑 ノミ・鑿(のみ) 刃(は)
歯(は) ハサミ・鋏(はさみ) 包丁(ほうちょう)
矛・鉾(ほこ) 鉞(まさかり) メス(小刀)
銛(もり) 刃(やいば) やす
柳刃包丁(やなぎばぼうちょう) 槍・鑓・鎗(やり)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス