喉仏

【意味】 喉仏とは、喉の中間にある甲状軟骨が、突き出て高くなっているところ。喉頭隆起。成年男子にはっきり見られる場合が多い。のど仏。ノド仏。咽仏。

【喉仏の語源・由来】

喉仏は、「喉骨(のどぼね)」や「結喉(けっこう)」と呼ばれていた。
「喉仏」と呼ばれるようになった由来は、その形状が座禅をしている仏様の姿に見えるためである。
宗派により異なるが、火葬場で骨上げする際、最初に歯を拾い「足」「腕」「腰」「背」「肋骨」「頭部」の順序で骨壷に入れ、最後に故人と最も縁の深い二人が喉仏を拾うのが一般的である。
その時に、喉仏の形がはっきりして仏様が座禅を組んでいる姿に見えると、「生前に良い行いをしていた」と言われる。
しかし、カルシウム不足な人でも良い行いをしていれば、綺麗に喉仏が残るのか定かではない。
喉仏は英語で「Adam's apple(アダムの林檎)」と呼ばれる。
これは、アダムとイブが禁断の木の実を食べ、アダムの食べた木の実は喉に詰まり喉仏となり、イブの食べた木の実は乳房になったという話からである。
全く関係ないが、木の実ナナの芸名の由来は、自由奔放な性格なため「着の身着の儘(きのみきのまま)」から付けたそうである。

【関連語】

顎(あご) 足・脚・肢(あし) 頭(あたま)
荒城・殯(あらき) インフルエンザ 嗽(うがい)
歌・唄・詩(うた) 腕(うで) 項(うなじ)
骸骨(がいこつ) 戒名(かいみょう) 風・風邪(かぜ)
カラオケ 体(からだ) カルシウム
首・頸(くび) 悔やみ(くやみ) 腰(こし)
死ぬ(しぬ) シャリ・舎利(しゃり) 髑髏(しゃれこうべ)
背・背中(せ・せなか) 卒塔婆(そとば) 乳(ちち)
唾(つば) 壷・壺(つぼ) ドクロ・髑髏(どくろ)
喉・咽(のど) 歯(は) 墓(はか)
棺・柩(ひつぎ) 扁桃腺(へんとうせん) 葬る(ほうむる)
仏(ほとけ) 骨(ほね) 盆の窪(ぼんのくぼ)
ミイラ 冥土・冥途(めいど) 殯(もがり)
黄泉(よみ) リンゴ・林檎(りんご) リンパ
レントゲン 脇・腋(わき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス