女房

【意味】 女房とは、妻。多く自分の妻のことをいう場合に用いられる。にょうぼ。

【女房の語源・由来】

「房」は「部屋」の意味で、女房は「女官の部屋」という意味であった。
平安中期以降、女官の部屋の意味から、私室を与えられた高位の女官、貴人邸に仕える上級の侍女をさす言葉となり、出身の階級や身分によって、「上臈(じょうろう)」「中臈(ちゅうろう)」「下臈(げろう)」に大別された。
「妻」の意味として用いられた例は、平安時代の貴族の日記にも見られるが、この頃は単に「女性」の意味でも用いられており、妻を遠まわしに表現したものであろう。
「妻」の意味が定着したのは、中世後期から近世前期頃である。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス