にやける

【意味】 にやけるとは、男が女のように色っぽい様子をしたり、なよなよしたりする様子。

【にやけるの語源・由来】

にやけるは、「若気(にやけ)」を動詞化した言葉で、漢字では「若気る」と書く。
「若気」とは、鎌倉・室町時代に男色を売る若衆を呼んだ言葉で、「男色を売る」という意味から「尻(特に肛門)」も意味するようになった語である。
「若気」を古くは「にゃけ」と発音し、「にやける」は明治頃まで「にゃける」と言った。
明治時代以降、「にやける(にゃける)」は「ニヤニヤする」という意味でも使われ始めていることから、声を出さずに薄笑いを浮かべる様子を表した「にやにや」や「にやつく」などとの類推から、「にゃける」が「にやける」になったと思われる。

【関連語】

色(いろ) 売る(うる) オカマ
乙に澄ます(おつにすます) 男(おとこ) 女(おんな)
キザ ゲイ 仕草・仕種(しぐさ)
尻(しり) 相好を崩す(そうごうをくずす) 伊達男(だておとこ)
なよなよ にやつく・にやにや ほくそ笑む(ほくそえむ)
ホモ 見栄(みえ) 勿体振る(もったいぶる)
脂下がる(やにさがる) 若い(わかい) 笑い(わらい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

にやけるの類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス