【意味】 庭とは、敷地内に設けた空間。木や草花を植えたり、石や池などを配する。庭園。

【庭の語源・由来】

神事・狩猟・農事などを行う場所や、波の平らな海面などもさし、古くは何かを行うための平らな所をさしていた。
「学びの庭」といった用法は、このような意味を持っていたことに由来する。
奈良時代には、草木が植えられたり池が造られたところは「園(その)」や「山斎・島(しま)」と呼ばれ、「庭(には)」と区別していたが、平安時代頃から「には」が庭園の意味に転じた。
語源は諸説あるが、有力な説を大別すると「土間(はにま)」の略転、「土間(にま)」の意味、「土場(には)」の意味など「土」の語系とする説と、「に」が「な(滑・平)」の転、「は」が「延」の意味で広がるところに用いる接尾語とする説がある。
「赤土」は「丹(に)」と言ったことから、庭の「に」は「土」や「丹」と同根とも考えられるが、「庭」は平らな所をさす語で海面などもいったことから、「な(滑・平)」の転+「延」を意味する接尾語の説が有力と考えられる。
また、「場(ば)」は「には」よりも遅く見られる語のため庭の語源とは考えられないが、庭の「は」から派生したとは考えられる。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

庭(にわ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス