にしん

【意味】 にしんとは、ニシン目の海水魚。体は細長くマイワシに似ているが、体側に黒点がない。

【にしんの語源・由来】

にしんの語源は、身を二つに裂いて食用にすることから、「二身」の説が有力。
同様の説では、二つに身を割ることから「妊娠」を語源とする説もある。
一説には、両親が揃っている者は必ず食べなければならない魚だったため、「両親」つまり「二親」から「にしん」になったともいわれる。
アイヌ語で「にしん」を「ヌーシィ」といったことから、変化して「ニシン」になったとする説もあるが、有力とされていない。
また、日本海沿岸で獲れる魚を「西の海の魚」といい、東北地方の訛りで「ニシンウミ」となり、「ニシン」になったとする説がある。
しかし、ニシンは、かつて北海道近海や三陸沖で多獲された魚であるため、「日本海沿岸で獲れる魚」「西の海の魚」を語源とすることは不自然である。

【関連語】

アンチョビ イワシ・鰯(いわし) 海(うみ)
ウルメイワシ・潤目鰯 エツ・斉魚(えつ) 親(おや)
数の子(かずのこ) カタクチイワシ・片口鰯 キビナゴ・黍魚子・吉備奈仔
コノシロ・鮗(このしろ) コハダ・小鰭(こはだ) ごまめ
魚(さかな) サッパ・拶双魚(さっぱ) 三平汁(さんぺいじる)
ジャコ・雑魚(じゃこ) シラス・白子(しらす) タタミイワシ・畳鰯
田作り(たつくり・たづくり) 西(にし) ハルツゲウオ・春告魚
ヒラ・曹白魚(ひら) ままかり 身(み)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス