にせ

【意味】 にせとは、本物に似せて作ったり、見せかけること。また、そのもの。

【にせの語源・由来】

にせは、「似るようにする」「まねる」などを意味する動詞「にす(似す)」の連用形が名詞化した語。
「にせ」は「本物ではない」というところから、「ごまかす」「偽造する」といったマイナスのイメージが含まれがちだが、「似せる」や「真似る」が必ずしもマイナスの意味だけでないように、「にせ」という語自体に悪い意味は含まれておらず、その前後から善悪が分かれる言葉である。
漢字「偽」の「為」の原字は、「手」と「象の形」を表した文字で、人間が象を手なずけるさまを表しており、作為によって本来の性質や姿をなおす意味が含まれている。
その「為」に「人」が付いた「偽」は、人間の作為によって姿を変える、うわべをつくろう意味がある。
「贋」の漢字は、「雁」と「貝」からなる字だが、「雁」は格好良く飛ぶ鳥を表し、「貝」はお金を表す。
形よく整えた財物を表していたところから、形だけ整えて似せた偽物の意味となった。

【関連語】

欺く(あざむく) 如何わしい(いかがわしい) イカサマ
偽る(いつわる) イミテーション インチキ
嘘(うそ) 嘘の皮(うそのかわ) 嘘八百(うそはっぴゃく)
エセ・似非(えせ) 貝(かい) 海賊版・海賊盤(かいぞくばん)
ガセ 形(かたち) 金(かね)
カリ・雁(かり) ガン・雁(がん) 食わせ物・食わせ者
コピー 誤魔化す(ごまかす) 姿(すがた)
ゾウ・象(ぞう) 騙くらかす(だまくらかす) 騙す(だます)
ダミー 手(て) 手懐ける(てなずける)
デマ 似て非なるもの 似る(にる)
人間(にんげん) パチモン ばったもん
はったり 人(ひと) フェイク
本当(ほんとう) まがい物(まがいもの) 真っ赤な嘘(まっかなうそ)
真似(まね) まやかす 疑き(もどき)
モノマネ・物真似(ものまね) 羊頭狗肉(ようとうくにく)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス