二の腕

【意味】 二の腕とは、肩と肘との間の部分。上膊(じょうはく)。

【二の腕の語源・由来】

「二」は二番目という意味の「二」で、古くは「一の腕」と呼ばれる部分もあった。
1603年刊の『日葡辞書』には「肘と手首との間の腕」とあり、「一の腕」は「肩から肘までの腕」とされていることから、「一の腕」だったものが誤用で「二の腕」になったと考えられている。
しかし、「腕」は元々「肘から手首」までを指した言葉なので、その場所を「二の腕」と呼ぶのは考え難いことや、普通、先端から順に数えるので肩から順に数えるのは不自然であること、このような例が『日葡辞書』以外に見つからないことから、指す場所が逆転してた訳ではなく、『日葡辞書』の誤りと考えられる。
「二の足」という言葉があるが、これは体の部分を示している語ではないため、「二の腕」の語源と関連性はない。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 腕(うで) 腕(かいな)
肩(かた) 体(からだ) セルライト
ダイエット 首・頸(くび) 拳(こぶし)
掌(たなごころ) 翼(つばさ) 手(て)
手首(てくび) 手のひら(てのひら) デブ
二の足を踏む(にのあしをふむ) 肘・肱・臂(ひじ) 脹脛(ふくらはぎ)
太股・太腿(ふともも) 股・腿(もも) 指(ゆび)
脇・腋(わき)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス