二の舞

【意味】 二の舞とは、人の後に出てその真似をすること。特に、前の人の失敗を繰り返すこと。

【二の舞の語源・由来】

蔵面をつけて舞う雅楽のひとつ「安摩(あま)」の答舞に由来する。
安摩の舞の後に、「咲面(わらいめん)」と「腫面(はれめん)」をつけた二人が、わざと失敗しながら安摩の舞を真似て演じる滑稽な舞のことを「二の舞」といったことから、人と同じ失敗をもう一度繰り返すことをいうようになった。
二の舞は「演じる(演ずる)」と使うのが正しく、繰り返しの意味が重複してしまうため「繰り返す」を用いるのは誤りである。
「二の足を踏む」と混用した「二の舞を踏む」も誤用であるが、経験する意味で「初舞台を踏む」や「場数を踏む」など「踏む」が用いられ、踊りは床を踏んで調子を合わせることから、誤用として扱うことを間違いとするものもある。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

二の舞い(にのまい)の類語・同義語 - 類語玉手箱
二の舞を演じるの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス