二の句が継げない

【意味】 二の句が継げないとは、驚いたり、あきれたりして次の言葉が出ない。

【二の句が継げないの語源・由来】

「二の句」とは雅楽の朗詠で三段階あるうちの二段目の句のことで、一段目は低音域、二段目は高音域、三段目は中音域。
高音のまま詠じ続けて、息切れしやすく難しいことから、声に出せないさまを「二の句が継げない」と言うようになった。
朗詠の用語としては古くから見られるが、「二の句がつげない」という表現は江戸時代以前の文献に例が見られず、有島武郎の『或る女』が初ではないかといわれる。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス