二の足を踏む

【意味】 二の足を踏むとは、躊躇すること。尻込みすること。

【二の足を踏むの語源・由来】

二の足を踏むの「二の足」とは、二歩目を意味する。
一歩目を踏み出し、二歩目を踏み出すのに思い悩んで足踏みすることから、物事を進めるのに思い切ってできないことの喩えとして使われるようになった。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 内股膏薬(うちまたこうやく) 往生際(おうじょうぎわ)
恐ろしい(おそろしい) おっかない 戦く・慄く(おののく)
怯える・脅える(おびえる) 及び腰(およびごし) 怖い・恐い・強い(こわい)
強張る(こわばる) 尻(しり) 退く(しりぞく)
たじろぐ 佇む(たたずむ) 躊躇う(ためらう)
テンパる ビビる 日和見(ひよりみ)
怯む(ひるむ) 踏ん切り(ふんぎり) へっぴり腰(へっぴりごし)
洞ヶ峠(ほらがとうげ) 吝か(やぶさか) 戦慄く(わななく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス